<< 厄払い | main | 愛顔つなぐえひめ国体 開催1年前イベント in 東温 >>

愛顔つなぐえひめ国体 開催1年前イベント in 東温

今日は東温市で開催の 「愛顔つなぐえひめ国体 開催1年前イベント in 東温 」に行ってきました!

このイベントを知った時は、天にも昇る思いで直ぐにトークショーの予約もしました!

 

前日まで、この土日はこの冬一番の寒波が来るって事で、上野選手は無事愛媛に来ているんだろうか・・・と心配もしていました。

事前に自由席というのは聞いていたので、前の方で見たいと思った私は、10時からのイベントだから1時間前の9時頃には行けばいいかなぁ〜と思って、早く起きて会場の東温市公民館へ。

思いの他早く着き、8時30分過ぎに着いちゃいました(笑)

でもそのお陰でいい事あったしグッド

 

 

関係者らしき人に受付時間を聞くと9時20分からとの事でしたが、席は自由席だけど前の方はソフトボール少年団関連人だったり、中高生と決まっているそーで・・・( ̄▽ ̄)

早く来た意味あんまなかった(苦笑)

 

写真撮影や動画撮影等は禁止って事だったので会場の写真だけ〜。

 

時間になり司会者の方が上野選手を壇上に呼び込みトークショーが始まりました!!

トークショーではソフトボールを初めてから、現在に至るまでのストーリーを一つ一つ丁寧に会話形式で進めていきました。

それにしても上野選手ってトークの進め方がうまい!

そしてとても為になるお話を沢山してくれて、楽しい話を交えて話してくれたり本当にいい時間でした。

私達はもうテレビ等で何回も聞いたことある話でも、小学生とかの少年少女にとっては初めて聞く話も沢山あったんだろうなーと。

だって北京からでも、もう9年近く経っているんだもんなぁ〜〜〜〜。

 

体育の授業の走高跳でマットが無い所に落ちちゃって腰の骨を折っちゃった話とか。

あと少しで下半身不随になるところだったという話は何度きいても、神様が上野選手を助けてくれた事に感謝って感じです。

北京の時は負ける気がしなくて、優勝したら乾さんが上野選手を肩車して、その両脇を峰さんと三科さんが支える絵を既に描いて、紙面のトップを狙おうと考えていたとか(笑)

あんな局面でも楽しんでいたっていうのが本当に凄いと思いました。

 

残り30分は柳井選手も壇上に登場してきました。

そして会場からの質問に上野選手が答えるコーナーとなり、会場にいた沢山のソフトボーラーがこのチャンスにと上野選手に沢山質問してました。

・食べないようにしている物は

   ⇒ 炭酸やジュースは飲まないようにしている(炭酸水は別)。お菓子も殆ど食べないそう。チョコの甘くないのは時々食べるとか。 

    ちなみに、柳井選手はカップラーメンは食べないとの事でした。

・緊張しない方法は

   ⇒上野選手は常に緊張状態でマウンドに立っているそう

・ライズボールをうまく投げるコツ

・早い球を投げるコツ

・野球選手で一番好きなのは?

   ⇒上原投手だそうです。野球論?が為になる的な事を言っていたよーな(苦笑)

 

もっと沢山質問あったと思います。。。( ̄▽ ̄)

とにかく、本当に一つ一つ丁寧に答えて下さって、どの回答も勉強になる事ばかりでした。

本当は私も質問したかったけど・・・もう周りとのレベルが違いすぎて聞けなかった(笑)

私が聞く事っていったら、、、休日の過ごし方とか、得意料理とか、、、ソフトボールと全く関係事のレベルなんだもん。

 

あぁ〜、今回のトークショーDVDにしてくんないかなぁ〜〜〜〜。

あっという間に90分間のトークショーが終了しました。

 

さて・・・お昼からはいよいよソフトボール教室です!

 

公民館には、みきゃんと東温市のゆるキャラクター いのとん が来てました。かわいい〜〜。

一緒に写真撮っちゃったー。

posted by: おりりん | 女子ソフトボールなど | 23:43 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 23:43 | - | - | - | - |
コメント
 
2017/01/24 10:58 PM
Posted by: from Tokyo
楽しそうなトークぜひDVDにしてほしいーーー!!
でもうえぴーの「得意料理」質問してほしかったです(笑)
教室では恐怖のランニングとダッシュまで!!本当にお疲れ様でした(*^^*)
2017/01/25 11:52 PM
Posted by: おりりん
本当に貴重な経験でした。
また何処かで質問するチャンスがあったら次は必ず(笑)









トラックバック
 
http://mikannokuni.jugem.jp/trackback/1303